カテゴリー

【一眼レフじゃないとダメ?】カメラ初心者にコンデジをオススメする3つの理由

こんにちは、タカオ(@_takaodoi)です。
このブログでは、カメラ・ブログ・アカペラに関する情報を発信しています。

のアイコン画像

一眼レフで写真を始めてみたい!

のアイコン画像

カメラを始めたいけど、どの一眼レフを買ったらいいか分からない…。

今回はこんな方に、あえてコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)をオススメしたいと思います。

この記事では、コンデジでも性能が高い「高級コンデジ」をオススメします。

「お前も一眼レフ持っているじゃないか!」と言われそうですが、持っているからこそ分かること・感じたことがあり、この記事を書きました。

すこし乱暴かもしれませんが、一眼レフやミラーレスカメラを使ったらいい写真が撮れるというのは半分ホント半分ウソです。

また、一眼レフやミラーレスはまだまだ大きくてかさばるので、持ち運びが不便です。

いい写真が撮れない、重くてかさばるから外に持っていくのがめんどくさい、といった理由でカメラで写真を撮ることをやめてしまう、ということは少なからずあると思っています。

なぜなら、僕自身がまさにそうだったからです。(一時期、カメラから離れていた期間がありました。)

こういった自分の過去の経験を踏まえて、僕は今からカメラを始める人・挑戦する人に

  • カメラって重くてかさばるから、外に持っていくのがめんどくさい
  • 一眼レフだったら、いい写真が撮れると思ったのに

といった理由でカメラをやめてほしくないと思い、この記事を書きました。

スマホでも十分キレイな写真を撮ることができるようになった今、写真やカメラを始める方に「楽しく気軽に写真を撮ってほしい」、「挫折せず写真を撮ることを続けていってほしい」と思っています。

一眼レフやミラーレスへのステップアップはいつでもできるので、まずは「楽しく気軽に、たくさん写真を撮る」ということをコンデジで体験してほしいです。

今のコンデジであれば、スマホでは残せない記憶に残るステキな写真を撮ることができますよ。

目次

カメラ初心者にコンデジをオススメする3つの理由

コンデジをオススメする3つの理由
お気に入りでよく使っていたSONY RX100III

一眼レフで写真を始めたいと思っている方に、なぜ僕があえてコンデジをオススメするのか?

それは先ほどもお伝えしたように、一眼レフやミラーレスカメラよりコンデジの方が楽しく気軽に写真を撮れるからです。

なぜこういうことが言えるかというと、コンデジが以下の3つが一眼レフやミラーレスカメラと同じ or 優れているからです。

  • 軽くて小さいボディで持ち運びラクラク
  • 撮影に必要な機能や性能は十分
  • 比較的安い価格で買うことができる

それぞれ詳しく解説していきます。

軽くて小さいボディで持ち運びラクラク

コンデジは、その名(コンパクトデジタルカメラ)の通り、軽くて小さいデジタルカメラです。

サイズ感は、厚みはあるものの、スマホよりも小さいものが多いです。

コンデジ(RX100III)とiPhone6sのサイズ比較
コンデジ(RX100III)とiPhone6sのサイズ比較

重さに関しても、だいたい250~450g程度のものが多く、500mlのペットボトルよりも軽いものがほとんどです。

コンデジ(RX100III)の重さ
RX100IIIの重量はバッテリーやSDカード込みで292g

しかし、一眼レフやミラーレスカメラではそういう訳にはいきません。

小型・軽量の一眼レフ・ミラーレスカメラとしては、Canon EOS M200(※)というミラーレスカメラがあります。

Canon EOS M200は、2019年以降に発売された一眼レフ・ミラーレスカメラの中で最軽量のカメラです。(2020年7月時点)

レンズ無しの状態であれば、サイズも重さもコンデジと同じくらいですが、ミラーレスカメラなのでここにレンズのサイズ・重さが加わります。

このCanon EOS M200の場合、一番軽いレンズでも100gはあるので、重量はカメラの重さ(262g)にレンズの重さが加わり、約350gくらいになります。

しかし、あくまでも一番軽いカメラ本体と一番軽いレンズの組み合わせのため、撮影にはいろいろな制限が発生します。(ズームレンズではないのでズームができないなど)

撮影に必要な機能や性能は十分

高級コンデジと呼ばれるカメラは、機能や性能も十分なものが多いです。

一眼レフやミラーレスカメラと同じか優れている場合があります。

例えば、レンズであれば広角から中望遠の域まで対応できる明るいレンズを持っているカメラが多いです。

そのため、一眼レフやミラーレスカメラと同じレベルのいい写真・キレイな写真を撮ることができます。

もちろん、ただ闇雲に写真を撮るだけではいい写真はなかなか撮れず、あまり上達もしません。最低限の写真の知識は必要になってきます。

また高級コンデジは、初心者にオススメの機能である手ブレ補正や顔検出といった機能も備えているカメラが多いです。

こういった機能があれば、家族や友達の写真も手ブレすることなく、簡単にピントを合わせて撮影することができます。

比較的安い価格で買うことができる

高級コンデジということで値段が何十万円もするのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、実際そこまで値段は高くありません。

高性能な高級コンデジになってくると何十万円とするものもあります。

最新機種は、だいたい10万円前後で購入することができます。

リーズナブルなモデルや型落ち(数年前に発売されたもの)モデルであれば、6万円前後で購入できるものもあります。

もちろん一眼レフやミラーレスカメラでも安いモデルであれば、10万円でカメラ本体とレンズを購入することはできますが、性能や機能面が制限されることがあります。


さて、ここまではカメラ初心者にコンデジをオススメする3つの理由をそれぞれ解説してきました。

まとめると、小型・軽量で十分な機能・性能があり、お手頃価格で購入できる、という点が僕がコンデジをオススメする理由です。

次は、なぜこういったことが言えるのかを僕の実体験を踏まえてお伝えしていきます。

気軽に外に持ち出すならコンデジがベスト

ポケットに入るRX100III
RX100IIIならポケットに入っちゃう。

コンデジは小型・軽量で十分な機能・性能があるため、気軽に外に持ち出して写真を撮るにはとても向いています。

これは実際に僕がいろんなカメラを買って、使って感じたことです。

僕は今、以下のようなカメラを持っています。

  • PENTAX K-30(一眼レフ[APS-C])
  • SONY RX100III (コンデジ)
  • PENTAX K-70(一眼レフ[APS-C])
  • SONY α7 III(ミラーレス一眼レフ[フルサイズ])
  • SONY ZV-1(コンデジ)

※上から購入した順番に記載

SONY α7 IIIやZV-1は、購入してからまだ半年~2か月ほどしか経っていないので、正しい比較にならないかもしれませんが、今まで旅行の時に一番持ち出したカメラはRX100IIIです。

RX100IIIは、小型・軽量でいい写真・キレイな写真を撮るには十分な性能・機能を持ったコンデジです。

SONYのコンデジ RX100III
長年愛用していたRX100III

最近のコンデジはポケットにも入っちゃう

先ほど「カメラ初心者にコンデジをオススメする3つの理由」でも書いた通り、最近のコンデジはとても小さく軽くなっています。

そのため、男性であればポケットに入れて持ち運ぶといったこともできてしまいます。

女性でも気軽にカバンに入れて外に持っていくことができます。

そして、このように気軽に外に持ち出すことができるということは、楽しく写真を撮るということにも関係してきます。

気軽に外に持ち出して、たくさん写真を撮ることは写真の上達にもつながってきます。

一眼レフやミラーレスはまだポケットに入るほどのサイズではない

しかし、一眼レフやミラーレスカメラは、まだポケットに入るサイズのものはほぼありません。

本体だけであればポケットに入るサイズ・重さのものはありますが、やはりレンズを付けた状態になるとかさばったり、重くなってしまいます。

そのため、外にカメラを持ち出して写真を撮ることに対して、「持っていくぞ!」と気持ちを入れる必要があります。

少なくとも僕は「よし、カメラ持っていくぞ!」と気合を入れていました。

このように一眼レフやミラーレスカメラの場合は、外に気軽に持ち出して写真を撮るということができていませんでした。


今やスマホでも十分きれいな写真・背景がボケた写真を撮ることができるようになっていますので、外に気軽に持ち出すことができなくなってしまうとスマホで十分と考えてしまい、結局カメラを使わなくなってしまうのではないかと思っています。

そういったことを踏まえると、やはり小さくて軽い高級コンデジが外に気軽に持ち出して写真を撮るということに対しては一眼レフやミラーレスカメラよりも優れていると感じています。

その上でスマホよりもキレイな写真・より自然なボケの写真を撮れるということがコンデジの魅力だと考えています。

初心者は一眼レフやミラーレスカメラを買ったらダメ?

ミラーレス α7 IIIと一眼レフ K-70
ミラーレス(α7 III[左])と一眼レフ(K-70[右])
※この写真はRX100IIIで撮影

ここまでは、カメラ初心者の方にコンデジをオススメしてきました。

ひたすらコンデジをオススメしてきたので、「カメラ初心者は一眼レフやミラーレスカメラを買ったらダメなの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

その質問に対する回答は、「NO」です。(どっちやねん、とツッコまれそうですが…。)

この記事の冒頭で書いていた通り、

のアイコン画像

一眼レフで写真を始めてみたい!

のアイコン画像

カメラを始めたいけど、どの一眼レフを買ったらいいか分からない…。

というような、まだカメラについて全く・ほとんど知識がない方にはコンデジがベストではないかと考えています。

しかし、初心者の方であっても以下のようなことが当てはまる方は、一眼レフやミラーレスカメラの方が向いているかもしれません。

  • 気になるカメラがある/どうしても一眼レフやミラーレスカメラがいい
  • 夜景や星景といった暗い場所で写真を撮りたい
  • 絶対に一眼レフ・ミラーレスカメラを続ける自信あり

それぞれ解説していきます。

気になるカメラがある/どうしても一眼レフやミラーレスカメラがいい

すでにどうしても気にあるカメラがあれば、間違いなくそのカメラを買った方がいいです。

気になって買ったカメラであれば、使っている間に愛着がわき、外に持ち出して写真を撮ることに対するハードルも無視できてしまうからです。

また、どうしても一眼レフやミラーレスカメラがいい!と思っている方も同じようにコンデジよりも一眼レフやミラーレスカメラをオススメします。

一眼レフやミラーレスカメラは、間違いなく「カメラを持っている」という感覚を感じることができます。

やはり愛着のあるもの・自分の好きなものであれば、多少不便な点があっても使い続けたくなるものです。

また、購入前にレンタルサービスなどを活用してカメラの操作感などを体験するということもオススメです。

今ではカメラ機材のレンタルも気軽にできるので、そういったサービスを活用して自分にピッタリの1台を見つけましょう。

夜景や星景といった暗い場所で写真を撮りたい

夜景や星景といった暗い場所で写真を撮る場合、コンデジでは少し性能不足です。

暗い場所ではカメラに入ってくる光の量がどうしても減ってしまうので、光を受けるセンサーサイズが小さいとノイズが乗りやすくなってしまいます。

一般的に一眼レフやミラーレスカメラの方がコンデジよりも大きいサイズのセンサーを搭載しているので、多くの光を取り込むことができ、ノイズの少ないキレイな写真を撮ることができます。

絶対に一眼レフ・ミラーレスカメラを続ける自信あり

これはカメラに対する意気込み・気持ちの面ですね。

これから趣味や仕事でガッツリ写真を頑張っていきたい、という強い意志がある人は回り道せず、はじめから一眼レフやミラーレスカメラを使うべきです。

少しでも長く・多く一眼レフやミラーレスカメラに触れることで、持っているカメラの操作や撮れる写真に慣れることができます。

先ほども少しお伝えしたセンサーサイズやその他の性能・機能が違うと、撮影時の設定や操作、撮れる写真も大きく異なってきます。


上で例を出したようなことを考えている方は、カメラ初心者であったとしても一眼レフやミラーレスカメラを買うことをオススメします。

そうじゃない方は、まずはコンデジで写真を撮る楽しさに体験してもらってから、ステップアップで一眼レフやミラーレスカメラを購入してもいいかもしれません。

カメラは丁寧に扱えば、高値で売ることもできるので比較的簡単にステップアップすすことができます。

まとめ:コンデジと気軽にお出かけ&たくさん写真を撮って楽しもう!

SONY RX100IIとZV-1
SONY RX100II(左)とZV-1(右)

今回は、カメラ初心者の方に一眼レフやミラーレスカメラではなく、コンデジをオススメしてみました。

今回紹介した内容は、カメラ歴7年の僕自身が感じたことを踏まえて書いています。

カメラ初心者の方にとって、スマホからのステップアップでいろいろ覚えることが多い上に、カメラ自体が重くてかさばってしまうとそれだけでカメラで写真を撮ることが億劫になってしまいかねません。

そこで性能・機能は一眼レフやミラーレスカメラと同等以上で気軽に持ち出して写真を撮るということができるコンデジが、まず1台目に持つカメラとしてベストではないかと感じています。

どうせカメラで写真を撮るなら、楽しく気軽に写真を撮って、徐々に上達していき、キレイな写真・いい写真を撮れるようになりたいところです。

ぜひ小さくて軽くて持ち運びしやすいコンデジで楽しいカメラライフを始めてみてください。

カメラのある生活って思っているよりもステキですよ。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる